2022年11月27日

古美術商の動画


繭山龍泉堂社長:川島公之さん、最近結構、動画に出ているようです。


その中で、古美術蒐集入門に好適だと思ったのは、この動画です。少し長いので、最初の24分でもいいかもしれない。あとは、唐の美術、特に唐三彩の話ですから。
2020年 12月(第12回)芸術文化講座「はじめて触れて見る古美術の世界 〜 中国陶磁唐時代」
https://youtu.be/S67JrSRUu3E

勿論、古美術商ですから、ポジション・トーク、営業トークも混じっていますが、きくべき言葉は多いですよ。御見解に全部賛成ということは、ありませんが、こういう話が無料動画できけるというのは希有な機会でしょう。
あの訥々としたしゃべり方には、当方は好感をもっています。
「ニセモノの特徴を研究しても無駄、本物のなかの本物をよく観ることに尽きる」という言葉は相当同意しますね。
 これで思い出したのがなんとピーター・ルーベンスの絵です。前、書いたのを再度書きますが、、
>ルーベンスは、アントワープでまずみて、それからブラッセル、次にプラド、
>そして、ミュンヘンのアルテピナコテーク(ルーベンスの妻の実家からまとめて購入したものだし、、)
>というふうに、観ていくのが一番正道だと思っております。

平野古陶軒社長の平野氏との対談も面白い、性格やしゃべり方が対照的です。

2021年 2月(第14回)芸術文化講座「現在のアート市場とは? 〜 正しい向きあい方、蒐集のしかた 〜」
https://youtu.be/V2HmCci-g-0

とくにこの「にせものを買ったことありますか」という質問の答え、がすごい


posted by 山科玲児 at 08:49| Comment(0) | 日記

金文銘鋳造技法の仮説

wikipediaの
に、最近の 山本氏の実験の記述を
追加した。

ネットで簡単に無料で読める論文である。
山本 尭、鋳物の技術と文字 −殷周金文の鋳造法をめぐって−

https://www.jstage.jst.go.jp/article/shogakushodoshi/2020/30/2020_1/_article/-char/ja/
2020 年 2020 巻 30 号 p. 1-23,160
乾隆嘉慶の阮元の説が復活したようなものだが、毛公鼎のような長文銘文制作はできるのかどうか、かなり疑問に思う。

posted by 山科玲児 at 05:06| Comment(0) | 日記

拓本の好み

張遷 compare.jpg

2018年03月09日
Wikimediaの金文拓本がひどい
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/182623614.html

で指摘したように、中国人の一部には、背景を墨で真っ黒に塗りつぶしたような拓本がより優れたものであるという見解の人々がいるようである。
明清の烏金拓への憧れなのだろうか?

法帖ならともかく、石碑の場合は石の肌がみえるような拓本のほうが良いと思うし、
ごまかしも避けられるので、いいとおもうのだが、こればかりは好みの問題なのかな。

イメージでは後漢 張遷碑の拓本を比較してみた。ほぼ同時代明末清初拓本である。
右が塗りつぶし風の北京故宮、左が台東区書道博物館本

posted by 山科玲児 at 04:38| Comment(0) | 日記