2015年02月16日

書の歴史 中国篇の新版がでた



伏見 冲敬先生の傑作:書の歴史 中国篇の新版がでてました。
書の歴史 中国篇: 伏見 冲敬, 筒井 茂徳: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4544010039

学生だった 筒井 茂徳 さんが改訂増補したもので、わずかな増補で厚くない一冊本として出しました。こういう増補はついやり過ぎて厚くなってしまうものですが、禁欲的な仕事だと思います。1960年出版の本を改訂するのですから、大変だったでしょう。

薄めの一冊本で、よくまとまった中国書道史の教科書としては よいものだと思います。
図版もかなりとりかえてあります。
もちろん、多少 おかしいところもありますが、美玉のキズというものでしょう。
タグ:中国書道史
posted by 山科玲児 at 09:26| Comment(0) | 2015年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]