2015年03月06日

メトロポリタン美術館の紹介動画

 米国のTV番組でGREAT MUSEUMSというのがあって、メトロポリタン美術館の分をyoutube動画でみた。
 A World of Art: The Metropolitan Museum of Art  :Great Museums
 https://www.youtube.com/watch?v=PHrmoSlfLD0

メトロポリタン美術館のスタッフが美術館を紹介するという形で構成されていて、スタッフの顔や話し方がわかるのが、なかなかいい。
それにしてもこのモンテベロ館長 、長くやってますね。色々な意味で辣腕なんだろうな。

まあ、なんというか巨大な美術館で、群盲象をなでるような感じがあり、様々な性格があって、メトロポリタンの特色はこうだ、という性格付けはできない。ただ、いかにもアメリカ的だということはわかる。アメリカ的という切り口で性格付けできるのかもしれないね。

 館長やスタッフは当然専門家がなるわけだが、理事会というのがある。メトロポリタンの理事になるということは、米国の上位1%にとって、まさに貴族に列せられたようなステイタス シンボルだということを聞いたことがある。 日本社会での東京国立博物館の理事や審議委員の評価とは、比べものにならないくらい米国社会では尊重されているようだ。 これは王族、貴族社会、大名家、名族、アカデミーなどがない米国で、擬似的貴族を作るようなものじゃないのかな? と思っている。




posted by 山科玲児 at 07:50| Comment(0) | 2015年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]