2015年05月04日

長崎でスペインの静物画が展示


Prado_MerendezFH020028.JPG


大変 うかつだったが、長崎県立美術館でスペイン静物画を八点、プラドから借りてきて展示しているそうだ。
スペインは、オランダベルギー。イタリアと並んで17世紀に静物画というジャンルを開拓したもので、スルバランなども優れた静物画を制作しており、オランダとは少し違った味わいがある。イメージはプラドで撮った作品(ルイス メレンデス)で、今回展示されているかどうかは不明だが飾りに出してみた。

ろくに宣伝していなかったので、気がつかなかったが早めにいくつもりだ。

小企画展 プラド美術館所蔵 スペイン黄金世紀の静物画――ボデゴンの神秘
https://www.nagasaki-museum.jp/permanent/archives/28


posted by 山科玲児 at 07:21| Comment(0) | 2015年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]