2015年08月23日

邸宅美術館  続


2015年05月11日に、
邸宅美術館
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/128978463.html
をアップして、

   邸宅美術館の誘惑 (朽木 ゆり子)
        http://www.amazon.co.jp/dp/4087815536
 を、紹介したが、その中にあった、ポルディ・ペッツォーリ美術館の特別展が昨年あったようだ。
Bunkamura25周年記念
ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館
華麗なる貴族コレクション
2014/4/4(金)−5/25(日)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_pezzoli.html
大阪のあべのハルカスでも巡回したそうで、これは惜しかったかもしれない。10年前にミラノにいったとき訪れたことがあるので、まあいいかな。


この邸宅美術館のカテゴリーに入るもので、
あれ入ってないな?と思ったロンドンのウォレス コレクションのサイトは、
Wallace Collection Galleries

のExploreまたはGallery by Galleryで  各ギャラリーが覗けます、ただ写真が小さいのが難ですね。ここは次のドーリア パンフィーリみたいにドーンとアピールしないと、、こういうとこが英国風なのかな??

また、訪ねたことはないが、サイトがもの凄く華麗なので印象的な邸宅美術館は、
ローマのドリア・パンフィーリ
Palazzo Doria Pamphilj, Roma ? Doria Pamphilj
http://www.doriapamphilj.it/roma/en/

 ボルケーゼなんかも、内装はたぶん凄そうだけど、サイトではそれほど紹介されていない。


posted by 山科玲児 at 09:22| Comment(0) | 2015年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: