2015年10月12日

アレッサンドリーニのフレスコバルディ  トッカータ集  再び


 名盤として知られたらしい、トッカータ集CDが廃盤になって久しく、入手困難で私も聴くことが出来なかった。ところが、ようやくというか、

 アレッサンドリーニ自身が1637年最終稿を使って再演したCDが発売されるそうだ。旧盤はもっと若い頃の1615年出版分である。

 海外ではぼちぼち売り出されているような感じだが、日本ではタワーレコードで予告予約をやっているので11月だという。

  なんのかんのいっても、アレッサンドリーニはキーボード奏者としては第一級の人で、最高のフレスコバルディを聴かせる人だ。同じイタリア人でも、ヴァルトロやロッジャンの演奏はどうも物足りないというか、なにか間違っているような感じがする。

 故人となってしまったローラ=アルビニ女史のほうがよほど素晴らしい

 アレッサンドリーニのヴェスプロなどの声楽曲の演奏では異論や相性もあるだろうが、フレスコバルディの鍵盤楽器では両手を挙げて歓迎したい。

  もっとも、クセのある人だから、聴いてみたら、なんじゃこれは??ということもあるかもしれないが、旧盤を買い損ねた 私は、無条件でギャンブル覚悟で買うつもりだ。

Rinaldo Alessandrini
Frescobaldi: Toccate d'intavolatura di cimbalo et organo, libro primo (Rome, 1637)
Arcana: A388
http://www.prestoclassical.co.uk/r/Arcana/A388


posted by 山科玲児 at 12:09| Comment(0) | 2015年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: