2015年10月27日

妹至帖は九州国立博物館に

王羲之 妹至帖.bmp


九州国立博物館
美の国 日本
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s41.html

で No.43の展示品として、王羲之:妹至帖が展示されています。
どうも、そのラベルをみると「九州国立博物館」となっていたので、
九州国立博物館が購入したものらしいです。
流出は阻止したいと思っていた墨跡なので、まずはよかったと思っています。

購入価格は、色々、公文書を検索したらわかるのですが、上野の西洋美術館が、昨年購入した油絵の

   フアン・バン・デル・アメン  果物籠と猟鳥のある静物
   http://collection.nmwa.go.jp/P.2014-0002.html

とほぼ同じくらいのようですね。
  この絵はあまり良くない(真贋の問題ではなく観賞価値の問題)と思っているので、王羲之:妹至帖 購入は、相対的に良い税金の使い方だと思っています。

  同時に、名児耶氏が近年発見した王羲之 模写本: 大報帖 もNo.44展示されています。
これは、東京国立博物館での王羲之展より近くで観察でき、明らかに墨を塗りつぶしたようなぺたっとした表面があって、模本の性格が際立っていると思いました。詳細に観察できる良い機会だと思います。

  どちらも、全期間展示なので正倉院琵琶展示が終わったあとに、少し混雑がおさまったときに、また観てみたいと思っています。

posted by 山科玲児 at 07:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: