2015年11月27日

伝経大師 久隔帖


伝経大師  最澄筆 の久隔帖
九州国立博物館でひさしぶりにみましたが、前より良い感じをうけました。
特に最後のところに後書きしているところに、良い印象を受けました。
週末まで展示しているようです。
    美の国 日本
       http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s41.html

これって、比叡山延暦寺かと思ったら、
  奈良国立博物館
なんですね。
  どうも、もと比叡山の塔頭であった青蓮院に伝来したものだそうで、その後 青蓮院⇒多和文庫(香川県大川郡志度町の多和神社)⇒原三渓(1866〜1939)で民間にあったものののようですね。意外です。それで、近年、たぶん文化庁を経て奈良国立博物館に入ったのでしょう。 
国宝|最澄筆 尺牘(久隔帖)|奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/collection/d-648-0-1.html
posted by 山科玲児 at 09:44| Comment(0) | 2015年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: