2015年12月31日

オカルトを弄んではいけない

image

  新国立競技場の建築については、再度募集してしぼりこんだA案とB案のうち、A案にきまったが良かったと思う。 

  というのはB案は、上のようにかなりオカルト的発想が入っている。 オカルトを安易に弄ぶのは危険なのは、昔から「触らぬ神に祟りなし」と言われているとおりである。よほど深い心得があり怖れをもって敬虔に近づかないと危ないのがオカルトだ。

 それは、洋の東西を問わない。 このような軽薄なのりでやるのは危険極まりない。

 日経BPは、B案を薦めていたようだが、どうしようもないマスコミの無神経がよく現れていた。


posted by 山科玲児 at 19:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: