2016年01月25日

文化庁が京都へ


  文化庁が京都へ移るそうだ。
  そうなると、
  文化庁保管文化財一覧
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E5%BA%81%E4%BF%9D%E7%AE%A1%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%E4%B8%80%E8%A6%A7
  も京都へ移るのだろうか?
東京に文化財が一極集中しているのは、将来の安全性という点でも、あまりよろしくないことである。
実際、平安時代から伝世してきた美術品、とくに古筆や書籍などの場合は、仮に京都で生産されたものであっても、いったん東北や四国、金沢などで保存されていて、それがまた中央に戻ってきたというものが多い。
政治の中心は戦乱にまきこまれやすいし、戦乱がなくても一極集中していると大地震などの被害があまりに大きくなる。
文化財には、数百年以上の寿命を期待したいので、できるだけ分散したほうがいいと思っている。
posted by 山科玲児 at 15:44| Comment(0) | 2016年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: