2016年05月23日

STAP細胞の特許出願 米ハーバード大学



STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160521-00010001-bjournal-soci

まあ、マスコミは米国の要請で、叩いていたんじゃないのかな? 
2014年に、下記の感想を書いていますが、事態は、もっと隠微で暗かったようです。

もっとも、2014年3月15日に
>米国の製薬メジャーの意向かもしれないねえ?
と書いたのは、まずまず慧眼だったかな。

日本のマスコミの腐敗ぶりを最も実感した事件でした。

 ただし、この手法自体が科学的に正しいのかどうかは、また別のことですが、なにか真実の一端を示しているというのは確かでしょうね。

2014年03月11日
STAP細胞 の騒ぎ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/90091996.html

2014年03月15日
マスコミのSTAP細胞 叩き
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/90479728.html
posted by 山科玲児 at 09:42| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
えらいことですねえ!
ご慧眼に敬意を表します。

スタップについては、資料を漁ってた友人も、「米兵の身体を再生さす事を目的にした、CIAの陰謀と違うか」、
言うてましたわ。

それにしれも、小保方さんが可哀想!
なんとかノーベル賞取らしてあげれないですかね??
Posted by 臨夏 at 2016年05月23日 12:16
ハーヴァードは、先に押さえておくというかなり汚い方法をとっていますが、こういうのを特許にできるというのは、科学を愚弄するものだと思います。


>それにしれも、小保方さんが可哀想!
>なんとかノーベル賞取らしてあげれないですかね??.

 STAP自体、まだ海のものとも山の物ともわからない状態ですから、ペニシリン発見したフレミングも、光電効果を説明したアインシュタインもノーベル賞とったのは、そうとう後で、業績の評価が固まってからです。最近のノーベル賞は早くやりすぎると思いますね。

 

  ノーベル平和賞なんか論外、もっともあれはスウェーデンではなくノルウェーで決めているという変なものなので、かなりおかしなものですね。

Posted by 山科 at 2016年05月23日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: