2016年06月06日

プラドのラトゥール展

プラドのラトゥール展
 (〜6月12日)

 5月30日にはボッス展のプレビューのあおりをくってみることができなかった。もしタイトなスケジュールでラトゥール展を見に来た人なら激怒しただろう。

 今回5月31日 4時以降と、6月1日午前、6月3日午前、で鑑賞した。正直いって5月31日に限っては、本命ボッス展より感銘が深かった。 空いていて、ゆっくりおちついて観賞できたことも大きい。

  私のターゲットは、パリからは遠いレンヌにある「聖誕」 だったが、これは ほぼ予想通りの傑作だった。ただし、おそらく100年以上クリーニングされていないのではないか? ニスが黄色くなって劣化しているせいか、なんとなく霞を通して絵をみているような感じがつきまとう。もしクリーニングしたら、 聖母の指、聖アンナの微妙な表情と右袖、聖母の中近東風の衣装などもより明確で輝かしくなるのではなかろうか?と思った。

あとの2つは、米国からのレンタルである。
  ひとつは、メトロポリタンのBonne diseuse
 ここまで豪華絢爛な絵画だとは思わなかった。修理とクリーニングのやりすぎなのか?と疑わしくなる
ほどである。金彩やハイライトを駆使した衣装の布の輝かしい表現は目を奪うばかりである。

 真ん中の男女2人の表情は巧みで、左のロマ(ジプシー)の女の黒髪のハイライトとちょっと威嚇するような表情もよい。 ただ、主人公のひとりである右側のばあさんの顔は類型的である。

 次が、ワシントンのファヴィウスのマグダレーナ、これは表情がかなり危ない、なんか微笑しているような感じもあって、じっとみていると魂が危ないところに吸い込まれていくような危険な絵だ。
 左下部分には欠損があったようにみえる。

この2点がフランスから米国へ流出したのは、関係者にとっては痛恨だったのではないか。
メトロポリタンの購入は1960年だから、ホーヴィングではなくロリマーのころであろう。

 この展覧会で、私にとって衝撃だったのは、この3点に尽きる。日本やルーブルでみたことがあって、再度みても印象深いのは「聖ヨゼフの前に現れる天使」「聖ヨゼフと少年キリスト」「ノミをとる女」である

  メトロポリタンのワイトマンのマグダレーナは子供っぽい顔と熟れたような肉体の対照が興味深いが、それ以上ではない。 ロサンジェルスのマグダレーナは子供っぽい顔と熟れたような肉体の対照が興味深いが、それ以上ではない(ロサンゼルスでした。訂正します。)。また、これはほぼ同じ絵がパリのルーブルにある。どうも混乱しやすいね。  米国のキンベル美術館とルーブルのイカサマカードが向かい合わせに展示されていた。衣装ピンクがBonne diseuseの男とよくにているという点ではキンベルが優れているのかもしれない。ルーブルのほうはもっとマットで赤みの強い布である。左の2人の表情はルーブルのほうが自然で、キンベルの方はわざとらしすぎる気がする。
 2点の聖ヒエロニムスには特に優劣はない。

  とにかく空いていて、観賞には有り難いが、実績・営業という点では失敗だったようだ。マドリードにはあわないのかな。。


posted by 山科玲児 at 08:24| Comment(2) | 2016年日記
この記事へのコメント
山科さま、拙ブログへのご来訪ありがとうございました。
私は5/30から6/2まで、毎日プラド通いをしていました。もしかして、すれ違っていたかもしれませんね。
で、お書きになっているように「ラ・トゥール展」は、内容の充実ぶりに反して空いていたのに驚きました。レンヌの《生誕》は本当に素晴らしい作品ですよね!
私的に今回の展覧会で一番嬉しかったのはメト《女占い師》とキンベル&ルーヴル《いかさま師》が並ぶ様を観ることができたことです。照明が明るかったので、子細に観ることもできましたし(^^;;。でも、美術ド素人なので、山科さんのご炯眼には及ぶべくもなく、なるほど!と敬服いたしました。
「ボス展」についても勉強させていただきたく、またお邪魔させていただきます。ありがとうございました。

Posted by 花耀亭 at 2016年08月21日 00:43
> 花耀亭 さま

 コメントありがとうございました。
  本当にすれ違っていたかもしれませんね。ほぼ同じころに行っていましたから。
 レンヌの聖誕の実物を観賞できたことは、ありがたいことでした。なにせパリから、この1点だけのためにレンヌまでいくか??とさんざん迷ったことがあって諦めたことがありましたから。
 その「聖誕」を、かなり長く一人で観賞できるというガラガラ会場には、呆れたというか、よかったというか、マドリードにはあわなかったのかな?営業担当は左遷されたのかな? とさえ思ったものです。

Posted by 山科 at 2016年08月21日 06:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: