2016年07月23日

ミュンヘンの繁華街でテロ 銃乱射


商業施設で銃乱射、8人死亡=複数の容疑者逃走―独ミュンヘン・警察「テロの事態」

現地で午後6時に、繁華街のモールで銃乱射。

***しかも「子供を狙った」という非道なテロらしい
  これのソースは英文ニュースから、、***
*** イスラム系のしわざかどうかは、実はまだわからない ***


>容疑者は3人とみられると発表。現場近くで見つかった遺体が容疑者の1人の可能性が出ているが、少なくとも残りは依然逃走中
まだまだ危ない。。

>比較的安全だったドイツでも、治安面の懸念が急速に高まっている。
  バカですか? 私はドイツが危ないと思っていた。だからドイツ旅行は避けてきた。 ケルンの集団強姦事件を忘れたのか。 ああマスコミが隠蔽したんでしたね。 ドイツが最近では一番  多くの偽装難民を受けいれている。急速に外国人が流入して対処が追いつかない状態が一番あぶないでしょう。スウェーデンの一部みたいに乗っ取られ状態になったり、ロンドンみたいにムスリム市長が誕生したり、ブラッセルみたいにゲットー状態になっているところは、まだ時間をかけて落としどころを探る余裕がないわけではない。
 無謀に「いらっしゃい」といってしまって地方自治体に負担押しつけたら、爆発するにきまっているでしょうに。

posted by 山科玲児 at 07:38| Comment(0) | 2016年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: