2016年08月27日

台南の奇美博物館

Graal Tapis BurneJones.JPG

クラーナハ展―500年後の誘惑
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2016cranach.html
の展示作品の代表作をみていたとき、

「子供達を祝福するキリスト」というのが、台湾の奇美博物館の所蔵であることに気が付いた。おかしいなと思って調べてみると、これは少なくとも3点同じような絵があって、フランクフルト、プラハ、台湾に
あるらしい。まだあるかもしれない。

 この奇美博物館の旅行会社「台北ナビ」の紹介サイトがあり、なかなか要をえているが、

 この中に、エルグレコの「聖マルタンと乞食」がある。あれ、これは欧米の美術館にあったはずだが、と思っていて、調べるとやはり、ワシントンのNG、シカゴ、台湾にあるもののようである。ワシントンのが一番大きくて有名だ。 大阪と東京で2012年〜2013年に開催されたエルグレコ展では、この台湾台南市の奇美博物館の所蔵品が展示されたもののようである。

 ところで、上にあげた台北ナビの頁をみると、
エドワード=バーン=ジョーンズ下絵、モリス商会制作の「聖杯伝説」の美しい大きなタペストリー(イメージ)があるようだ。でも、これはバーミンガムだったはず?と思っていたら、三セットぐらい織られていたもので、やはりその一つのようである。 ただ、これは個人的にはかなり関心があり、奇美博物館へいってみようかな?と思わせる作品だ。ここは楽器蒐集で有名だったこともある。

 どうも、奇美博物館の西洋絵画は、複数ある有名作のうちの一つを入手しようというような作戦で蒐集したものではないか?と邪推したくなる。

 ただ、解説なしでチラシやポスターだけで見せられると、あの有名作か、と間違えそうな感がないわけでもない。



posted by 山科玲児 at 18:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: