2016年09月28日

サムスンは飛行機持ち込み&手荷物  禁止にすべき 【訂正】

  最近、サムスンのスマートホンで発火爆発が何十例もあって、リコールされているようですが、
国際線の飛行機内で 発煙・過熱 が、複数機種で起こっています。 これらはリコール対象外の機種です。

これでは、少なくともサムスン製品のモバイル機器・スマートフォンの航空機持ち込み 手荷物とも全面禁止にするしかない。

サムスン製品を使っている人は、お願いだから飛行機や新幹線など公共交通機関に持ち込まないで下さいね。迷惑ですから。どうせそのうち、飛行機では全面禁止になると思いますが。。

つまり、航空機 とくに国際線に乗るときはサムスンはもっていけない、ということを示しています。
これはサムスン電子にとって大打撃でしょう。

何百回に一回のリスクでしょうけれど、航空会社は大きな損失を覚悟でサムスン電子をサポートするわけにはいかないでしょう。
サムスン製品 全面禁止にするのが一番簡単です。

これの解決にはサムスン電子が航空会社を買収して営業すれば良いと思いますね。


9月27日
サムスンのタブレット発火でデルタ旅客機回航

  こちらは座席での発火です。
   この座席はビジネスクラスかファーストクラスのようですから、お金持ちか社用での利用客でしょう。
 詳細をみると、どうも座席のシートカバーの下にいれてしまい押しつぶした可能性もなきにしもあらず。
 かなりバカな客のようですが、金と地位はあるようですね。この件はサムスン電子の言い訳のほうが正しいかもしれません。

 
9月24日
インド旅客機内で発煙、サムスン製スマートフォンから
乗客の手荷物に入っていた「ギャラクシーノート2(Galaxy Note 2)」から「小規模な煙」が出て、対応に当たったという。
  これは、つまり 手荷物で預けたものが、荷物倉庫で 頭上の収納トランクにいれていたものが発煙してしまったという怖ろしい事態です。当然、充電中だったわけはない。

posted by 山科玲児 at 10:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: