2016年11月27日

ヤン  デ  ビーアの本が出た

Jan_de_Beer_-_Annunciation.jpg


マドリードのティッセン 美術館で、印象に残った絵画のうち、この受胎告知は、天使のふわっとした感じが忘れがたいものだった。

画家は、マイナーというか、十六世紀フランドル絵画の研究者でもないと憶えていないだろうという画家で、
Jan de BEERという人である。アントワープで活躍した人らしい。麦酒醸造元だったのかな??

最近、なんとこのJan de BEER の専門書がベルギーから出たそうだ。著者はアメリカ人のようである。
まあ、ここまでは手はのばせないが、表紙は刺激的な絵である。表紙の絵は、バーミンガムにある聖誕の一部であるが、天使の動きや表情が普通じゃない。。

D. Ewing
 Jan de Beer, Gothic Renewal in Renaissance Antwerp
http://www.brepols.net/Pages/ShowProduct.aspx?prod_id=IS-9782503555317-1
posted by 山科玲児 at 16:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: