2017年01月27日

ペトルス  クリストス作品の問題




Petrus_Christus Annunciation.jpgPetrus Christus Annunciation RED.JPG



左イメージは、1987年のブリュージュ市立美術館(グロニンヘン美術館)のカタログに掲載されているペトルス=クリストスの愛らしい「受胎告知」である。
ところが、
2005年に科学調査をしてみたところ(ref.)、右イメージの赤い部分は全て後世の手が入った塗り直しで、少なくともオリジナルの絵をみているわけではないということがわかった。真っ赤じゃないの、ほとんどちがうんじゃないの、これは。残っているところは、聖母と天使の服の一部、背景の右上、、だけ。
これでは、細部をどうこう分析することは上塗りを批評することになり意味がなくなってしまう。


Petrus_Christus Nativity.jpgPetrus Christus Nativity RED.JPG


ほぼ同時にこの美術館に入った「聖誕」も、2005年にまた検査された(Ref)。
同様に真っ赤でなにをみているのかわからない。重要な部分でまともなのは聖母の顔と下着と手・腕ぐらいじゃないの。美しい右上の天使たちも服はともかく顔は全て後世のもののようだ。なんてことだ。

  両作品とも1983年ごろにマドリードあたりから出て美術館に入ったものだが、こういうことがわかって以来、これらの絵は展示からはずされ、初期ネーデルラント絵画の本にもでなくなった。 原作ではない、というわけではないがあまりにも修理・上塗り部分が多すぎるからだろう。 ただ、古い本ではペトルス クリストスの代表作のひとつにあげられているから要注意である。

そうはいっても、ブリュージュのペトルス=クリストスには、ろくなものがないというわけではない。
は良さそうですよ。

 他にも
 こういう上塗りや乱暴な修理や改造を施したペトルス=クリストスの絵は少なくないのではなかろうか。
ワシントンナショナルギャラリーの「聖誕」 
http://www.nga.gov/content/ngaweb/Collection/art-object-page.47.html
は、ブリュージュのそれとよく似ているが、やはり多少問題があるようである(Ref2)。
こういう華やかな絵は需要が多いせいか、きれいきれいに改造されやすいのかもしれない。

 一方、ワシントンナショナルギャラリーの2人の寄進者肖像
http://www.nga.gov/content/ngaweb/Collection/art-object-page.46109.html
http://www.nga.gov/content/ngaweb/Collection/art-object-page.46110.html
は「状態が良い」んだそうで、信用できそうだ。

この地味な絵が60年も前の本
Flemish Painting: The Century of Van Eyck
by Albert Skira (editor), Jacques Lassaigne 
Published 1957 by Albert Skira Lassaige
に大きくでているということにもそれなりの意味があるようだ。当時の著者たちもなんとなく感じていたのかもしれない。

Ref.
Restaurateurs ou faussaires des primitifs flamands
This  is a catalogue(French text, Dutch versions issued,too)  of an expositionn  which held  in Groeningen Museum in Brugge,2005.

Ref2
posted by 山科玲児 at 16:33| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: