2017年02月06日

ルーブル美術館テロ未遂

EgyptGallery Charles9.JPG


ルーブル美術館で警備兵を襲撃の男 「エジプト国籍」と判明

長刀を2本

ペンキ スプレー缶を複数

所持してるんでしょ。。

これは、絵画をメチャメチャにしてやりたい、、という意図がミエミエじゃないか、

ケガした護衛兵の人には感謝するしかない。

美術館のようなところがテロのターゲットになりやすいということは、パリのテロのころからいわれていたが、しばらく閉鎖したほうがいいかもしれないね。大統領選挙のあとまで。第2次大戦などでは閉鎖したでしょ。大被害が起きてからでは遅いしとりかえしがつかない。

中国人がうるさいルーブルでも、2009年にとにかくいっておいて良かった。

イメージは背後にシャルル9世の肖像画のあるルーブルエジプトギャラリーの一角。2009年に撮影。




posted by 山科玲児 at 10:37| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: