2017年03月14日

中国が日本でのオークションを中止させた



  昨年のことですから、古い話になりますが、先輩からきいて最近知ったので、少し書いてみます。
  昨年10月末に西新宿で開催予定の西域収集出土文書壁画断片のオークションが、

書画など競売に中国国家文物局が「待った!」 「違法に強奪された」と指摘
http://www.sankei.com/world/news/161103/wor1611030048-n1.html

 

  どうも、ここでオークション会社が引き下がったのは、この横浜国際オークションは中国人むけのオークションであり、中国人富豪や中国政府の代理人に入札してもらうのが目的だから、敬遠されたり、中共当局から入札禁止指示がでては元も子もないので従ったということではないか、と思います。経営者もチャイニーズです。国籍はわかりませんが。

実際、この横浜国際オークションのサイトでは、次のように述べていますから。

 弊社は、中国美術品・文化財の中国への回帰という時代のニーズに応じるため、2011年5月にオークション会社を設立致しました。
 同年9月よりオークションを開催し、回を重ねるごとに大変ご好評を頂いております。
これもひとえに皆様方のご配慮、お力添えあってのこと、心より感謝申し上げます。 

 引用元:会社概要 | 横浜国際オークション  代表  張樹[土敦]
http://www.ykauction.com/greeting_jp.html

 また、中国国家文物局が、こんなことをやったのは、以上の事情から簡単に脅せると思ったことと、現在中国が外貨不足に陥っているから、上層部から外貨を減らさないようにという指示を受けているからではないでしょうか。昔なら、富豪が落札して中国国内の大学や図書館や美術館に寄贈するというような形にするでしょう。実際、ドイツ銀行が華夏銀行株を売った代金を人民元からユーロに一括で変えられなかったり、在中国日本人が貯金を日本円に両替できなかったりする事件が既に報道されています。

 ところで、ここで「敦煌」と言ってますが、オークション予定の文化財の明細〔中文  簡体字〕をみると敦煌からの文化財だけじゃないみたいですね。クチャやトルファンじゃないですか? これは大谷探検隊将来品だということだそうです。
 大谷探検隊の橘氏などは、発掘または買い集めたはずで、「略奪」とは、ひどい侮辱です。
 このままだと、英 仏 独 露 米をはじめ他国にある中国文化財は、全て略奪品になってしまいそうですね。


posted by 山科玲児 at 11:52| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
時々拝見しています。記録を残すことは大切で、ごもっともと感じました。ありがとうございます。11日遅れですが、私も駄文「オークション会場に現れた大谷探検隊収集品」『東海史学』第51号、2017年3月25日、113〜118頁を書きました。PDFファイルをお渡しすることができますので、よろしかったらご連絡をお願いいたします。
Posted by 片山章雄 at 2017年03月28日 08:10
片山  様
  コメント ありがとうございます。
  東海史学 収録の玉稿は刊行すみのようですので、Yahooなどの共用ファイルサイトにご投稿願えれば幸いです。J-stageへも掲載されるのではないかと期待しております。

  最近10年ではペテルスブルクから出てきた 十七帖や 月儀にはびっくりいたしました。
Posted by 山科 at 2017年03月29日 07:43
操作が良く解りませんでしたが、Yahooボックスで一両日公開試行中です。これでお渡しできるでしょうか。
Posted by 片山章雄 at 2017年04月02日 07:34
片山  様
  ありがとうございます。ダウンロード完了しました。
   仏典断片の研究をなさっていたんですね。
  玉稿を拝読させていただきます。
   確かに今回のオークションで出た板絵(木材の板に白地を塗った上の黒い?線画)は敦煌ではなくトルファンではないかと思わせます。

  お手数をおかけしました。
Posted by 山科 at 2017年04月02日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: