2017年03月16日

東京国立博物館の伯遠帖

ミュージアムニュース 219 ss.jpg


 乾隆帝が三希として紫禁城養心殿の三希堂に蓄えた、快雪時晴帖、中秋帖、伯遠帖のうち、伯遠帖
の臨写本が東京国立博物館にある。
  昔みたことあるし、
  あの王羲之展 
   http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1569
  でも公開されました。
 これは、無理に紙を染めて古くみせかけたもので、なんか偽物臭があるものなんで、あまり良いものではありません。原本は北京故宮博物院所蔵品で、上海博物館の特別展で実物をみました。唐時代の臨写本のような感じがしました。
  なんか、この春のあるオークションで似たような王羲之一門模写本が出品されているようだけど、いくら中国人でもあまり値段はつけないんじゃないかな。

 ところが、これが、昭和40年8月に国立博物館ニュース219号(イメージ)で紹介されたときには、なんか本物みたいな紹介だったんです。当時、情報がなかったから混同したのかな。
 昔の文献で国立博物館の刊行物で大先生が書いていても、一応批判的に読む必要があると思っております。
  
ソース  国立博物館ニュース  縮刷版 210号〜205号、東京国立博物館、昭和47年
posted by 山科玲児 at 10:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: