2017年03月17日

東芝で安倍首相を追求しないマスコミ


森友学園という、どうしようもないネタでマスコミとマスコミに騙された連中、一部の野党議員がもりあがっているが、

本当に安倍首相の責任を追及するべきは、東芝  ウェスティングハウス問題じゃないの。

大体、米国での原発建設計画で積極セールスしたのは安倍首相でしょう。
トルコへの売り込みもやって、外交成果と誇っていた。

ウェスティングハウスの経営破綻には、安倍首相の無理なセールスが遠因といえないこともない。

はっきりいって、東芝に日本の政府系銀行は融資すべきだろう。安倍首相の責任、経産省の責任も大きいのだから。

なぜ、マスコミも野党議員もこの件を叩かないのだろう。

もともとクリントン勝利 前提の計画だったので、クリントン敗退の結果、米国政府からの援助がなくなったのが直接の原因だとは思うけれど。

想像するに、

・  クリントン財団   ソロス などの連中に 日本のマスコミは従属していたので、その件がばれるのが怖ろしい

・ マスコミは、日本の大企業が没落するのがうれしい。韓国系中国系企業が栄えるのはうれしい。

・ 一部の国際大資本が東芝の金や資産をおいしくいただくまで、この問題に触れてほしくないとマスコミはいわれている

 というようなことなのかな。正直どうもよくわからない。

  反原発にも熱心なマスコミなのだから、くだらない森友じゃなくて、大問題の東芝問題をクローズアップすべきだと思う。原発は損になると大合唱すればいいのにしないのはなぜだろう。



posted by 山科玲児 at 07:49| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: