2017年03月19日

日本国見在書目

日本見在書目 (2).JPG

日本見在書目 (1).jpg

孫猛  日本国見在書目詳考
出版社: 上海古籍出版社
ISBN-10: 978-7532576692
発売日: 2015-09
http://www.ato-shoten.co.jp/newweb/sas/el/10315807.php
http://www.amazon.co.jp/dp/7532576692

 なんか、3册 合計  2459頁!! というとんでもない大きな注釈書です。


 日本国見在書目ってのは、平安時代中期の891年〜894年ごろ藤原佐世が編纂した書籍リスト、漢籍のリストで, おのおのの本の解説はあまりなく、書名と巻数などが少し書いてあるだけのリストです。たぶん宮中の図書室のものなんだろうな。原本だけなら、とても薄いペラペラの1册です。この本は100倍ぐらい膨らませたものですね。インフレーションがすごいなあ。

 当時の日本にあった漢籍でも、現在、世界中に存在しないものが結構ありますので、巻数がわかっただけでも驚きなんですね。また、隋書などとても古い書籍目録には同じ本があったりするので、清代末期に楊守敬が紹介したときは学者間で評判になりました。

楊守敬が紹介したのは、これです。
1884年 古逸叢書
十九、影旧鈔巻子本日本見在書目一巻

イメージには、架蔵のものをあげておきます。
赤い本は、
日本見在書目證注稿 (覆刻日本古典全集) 単行本  ? 2006/11/30
狩谷エキ斎  正宗 敦夫

です。江戸末期の学者:狩谷エキ斎の写本からです。
再刊本はあるようです。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4329026201

青い本は、
東北大学附属図書館の司書だった
矢島玄亮 が制作した
日本国見在書目録 集証の未定稿でガリ版本です。
これを、正式刊行したものらしいのが、
日本国見在書目録 集証と研究
矢島玄亮 著
1994/01/01
http://www.kyuko.asia/book/b9159.html

 

posted by 山科玲児 at 09:28| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]