2017年03月19日

曜変天目の科学検査もつまづいた


 


2017年03月05日に、
鑑定団「曜変天目」の科学検査
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178994907.html
という話題を書きましたが、

曜変天目茶碗の真贋論争 「奈良大の分析に欠陥」【徳島ニュース】- 徳島新聞社
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/03/2017_14898017677213.html
というニュースが入ってきました。
頭の悪いマスコミとしちゃ、このへんで幕引きしたいところでしょう。

「マンガンが検出されなかった」ということが本当なら、「宋時代の陶磁器ではない」ということが確定した
と判断すべきでしょう。

ただ、この「マンガンが検出されなかった」というところにも問題があって、
「マンガンが検出されなかった」のか「マンガンが検出できなかった」なのか不明瞭なところがあります。
悪魔の証明ではないが「XXがない」ということの証明はなかなか困難です。

環境庁の文書
 金属成分の非破壊多元素同時測定法
(エネルギー分散型蛍光X線分析法)
 https://www.env.go.jp/air/report/h19-03/manual/m05_4.pdf
によると(8P)、この機械ではマンガンとクロムが混同されやすいしマンガンのピークが多量にある鉄のピークと混じりやすいのは事実のようですね。
波長分散型の機械ならもう少し分解能が高いようです。
奈良大学のサイトをみても具体的な機種名が掲載されておりません。
http://www.nara-u.ac.jp/faculty/let/cultural/news/2017/166
 このへん、学生に対しても失礼なのではないでしょうか?
どうも、奈良大学の機械はエネルギー分散型っぽい感じがしますので、あまり細かい分析はできないようにみえます。

  また、そうなると、
「マンガンがない」という結論もまた信用できないのではないかと思います。
これでまたグダグダになりそうなのでいやなんですが、しょうがないのかなあ。。

 
posted by 山科玲児 at 21:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: