2017年04月02日

軽ーいフーガの技法

BBC BACH フーガの技法cd.jpg


  J.S.バッハのフーガの技法は、古くは「読む音楽」などとよばれて祭り上げられ敬遠(敬して遠ざける)されたものだが、現在では、様々な編成での多くの演奏CDがでて、結構聴かれているように思う。
  東日本大震災後、原発事故進行中の暗澹とした日々には、このフーガの技法だけを聴いていた。
 去年(2016年)、BBC音楽マガジンで新しい斬新なフーガの技法がリリースされたというので、
購入したが、どうも軽すぎるというか軽佻浮薄という感じのする演奏で、あまり肌には合わなかった。
Mahan Esfahaniというテヘラン生まれのイラン系の人の指揮のバロックアンサンブル、クラブサンによる演奏だ。
米国のスタンフォード大学に学んだ人らしい。
イラン人にかかると、このフーガの技法もこういう音楽になるのか?

 プレゼン動画があります。


と新鮮さはあったが、ちょっとイライラしたので、
口直しに、古いカール=リステンパルトERATOのCDをかけてみたが、この方が肌にはあう。

ある意味で革新的なのかもしれないが、成功しているのかは疑問だ。

JS Bach*,  Mahan Esfahani,  Academy Of Ancient Music*  ?? The Art Of The Fugue 
レーベル:
BBC Music ?? BBCMM403
シリーズ:
BBC Music Magazine ? Vol. 25 No. 2
フォーマット:
CD
国・地域:
UK 

リリース済み:
2016 
posted by 山科玲児 at 10:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: