2017年04月23日

フランス大統領選挙


日本時間では今日午後から夜に投票が行われる、フランス大統領選挙が混沌としているようだ。
選挙は決選投票を含めて2回行われる。次は5月だったと思う。


去年の時点では、

国民戦線のマリーヌ  ルペン と中道のフィヨンの勝負になるというような風評だったが、
共産党のようなメランションが躍進してきたし、中道からわったマクロンが躍進し、フィヨンがスキャンダルで滑り落ちそうなので、
まったくわからなくなった。


思えば、前回も鉄板とされたドミニク ストロスカーンが米国で強姦疑惑(無罪)で陥れられて脱落したあと、間に合わせのように出たオランドが当選するという大波乱だったので、毎回こうなのかなあ、、と思い直した。しかしグローバリスト::サルゴジってほんとに嫌われていたんだなあ。

  マリーヌ ルペンは、前回の選挙では、消極的ながらオランド支持をしたという、政局を読むのに長けた、そうとう賢明なオバサンだ。ルペンが消極的支持をしたからこそオランドが大統領になれた。もし前回の恩をオランド支持者が返すつもりなら、ルペンが当選するだろう。

  しかし、マクロンみたいな無個性にみえる顔の人に人気があるなんて、意外だな、フランスマスコミのミスリードかもしれない。ルペンもメランションもいやだ、、というマスコミの願望ですかねえ。



posted by 山科玲児 at 06:52| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: