2017年04月25日

ボイマンス展  を高精細画像で


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
        公式サイト http://babel2017.jp/
   2017年4月18日(火)〜7月2日(日)東京都美術館
     http://www.tobikan.jp/exhibition/h29_babel.html
   2017年7月18日(火)〜10月15日(日)国立国際美術館
で、出ているバベルの塔ですが、Google ArtやWikimediaで高精細画像があるようです。

また、同じ展覧のなかで、一部で注目されているスコーレルの「学生の肖像」もまた
あります。ここまで高精細だと、なんか既に観てしまったような気分ですね。しかし、そこが落とし穴なんだろうなあ。素晴らしい写真を見て実物をみたら、「なんだこれは!」ということは多いものね。

ところで、花耀亭さまがいわれるように、色使いがラトゥールとよく似ていますね。

タグ:ボイマンス
posted by 山科玲児 at 08:15| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: