2017年05月15日

2018年〜2020年はフランドル絵画年


2018年〜2020年はフランドル絵画年

観光局のサイトですが、なんかいろいろあるらしいです。旅費を貯めとかないと、健康を維持しないと、、
いろいろ考えさせますね。

メムリンク展がないかなあ。。

posted by 山科玲児 at 13:57| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。「ゲント美術館ののエイク展」がどういうものになるのか気になります。「修復の記録」展になるのか、在外名品まで借りてくるのか。

アントワープ王美の再開年は見るたびに延期になってるのでいつになるかは不明ですが、メムリンク展の情報を眼にしたらまたお知らせしますね。
Posted by ゆう at 2017年05月15日 16:01
ゆう 様

コメントありがとうございました。

アントワープ王立美術館、こういう再開時期って、けっこう何度も延びたりするのが不安要因ですね。
2014年秋〜2015年春にローマでメムリンク展あったらしく(URL)、ブリュージュのものもかなり出張していたようです。

URLはローマ展覧会の動画
https://www.youtube.com/watch?v=qn8RrvXxVA8
Posted by 山科 at 2017年05月16日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: