2017年06月28日

タオルの塔

boymans タオルの塔.JPGBoymans タラ夫.JPG

今回のバベルの塔;ボイマンス展でキャッチーだったのは、
売店のタオルの塔と公式マスコット「タラ夫」でした。

あまり面白かったので写真にとってしまいました。

タオルの塔なんて タオルとタワーが近い音でしゃれになっているとこが憎い。

「タラ夫」キャラ作成も含めて、こういうのは日本人のほうが得意なのかなあ。。

 タラ夫」キャラ は、ボイマンス美術館の責任者にみせたら、COOLと褒められたのか笑われたのか、ともかく好印象だったらしい。実際にロッテルダムのボイマンス美術館に行くとわかるのだが、現代彫刻のちょっとグロなものがどっさりある。現代美術の美術館じゃないか?と勘違いしそうなくらい力をいれている。 プラドやルーブルとは全く印象が違う。。だから、私はこういうのはいかにもボイマンスらしいと思っている。



posted by 山科玲児 at 07:48| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: