2017年11月05日

カラー写真でがっかり

曹知白 Orientations vol48 2017novdec.JPG


曹知白 Barnhart Wintry Forest.JPG



 香港の英文 古美術雑誌 Orientationsの最新号(vol.48 No.6 Nov/Dec 2017)
https://www.orientations.com.hk/backissue/volume-48-number-6/

Curator's Choice. A Sparrow and Some Trees by Richard M. Barnhart
にのっていた、曹知白 石樹図のカラー写真(イメージ)をみてがっかりした。
 http://artmuseum.princeton.edu/collections/objects/28277

モノクロ  イメージを観てるときは、結構いいんじゃないかなあ、と思っていたんですが、
やっぱりダメでした。 やはりモノクロだけでは判断は無理ですねえ。

台北にある基準作

双松圖

群峰雪ケイ図

とはえらい違いです。

最近、嘉徳香港オークションに出た曹知白画のほうが、まだまし。

嘉徳香港オークションのサイト(中文)


ほんとうにがっかりです。

Princetonの Eliottコレクションの中国書道部分は、昔、天王寺の大阪市立美術館でまとめてみましたが、 王羲之  行穣帖 だけが良かったけれど、他はかなり見劣りしました。
この曹知白 石樹図はEliott Collectionじゃないですが、もともとの出所は王已千コレクションです。

画家・蒐集家の王已千 C.C. Wangが米国にもってきた中国絵画や書はプリンストンの方聞教授Wen Fong がいっしょになって米国のえらいさん達に売り込んだんですが、良いものもあったけれど(クリーブランドの倪サンとかね)、そうとうひどいものもあってスキャンダルも起こしているのです。

  でもね、未だに方聞派閥が利権を米国内にもっているようで、方聞教授の弟子を多数 米国の大学や美術館に就職させています。  そのせいか、米国内の中国書画研究の劣化がひどいな、と感じております。このエッセイ書いてるエール大学のバーンハート名誉教授Richard M. Barnhartも方聞閥の長年のお仲間で、昔から批判精神が薄く提灯記事ばかり書いている人ですしねえ。



posted by 山科玲児 at 05:15| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]