2017年12月12日

古書コレクター向けの装飾写本 入門


は、写真が素晴らしかったので、リンクを保存しておいた。

  中世ルネサンスの装飾写本の「形」がよくわかる写真である。

  妙な話だが、装飾写本の専門書でも一ページ一ページの精緻な図版はあっても、本全体としての構造・形を示した写真は意外なほど少ない。実物をみて、はじめて、え、こうだったの??と思うことが多いものである。

 この解説自体は、古書蒐集家むけに、装飾写本の初歩を解説したもので、あまり深いところにわたったものではない。 が、まあ、こんなところなのかなあ。 写真が良いからまあ良いのでは。。

  米国シカゴ郊外のノースウェスタン大学名誉教授  サンドラ・ヒンデマンが自分が持っている装飾写本を自慢? 見せながら、ABEBOOKSのインタビューに応じて解説するという、にくい設定になっている。

posted by 山科玲児 at 06:51| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: