2017年12月29日

カナレットと天幕

Giovanni_Antonio_Canal,_il_Canaletto_-_The_Feast_Day_of_St_Roch_-_WGA03905[1].jpg    Toledo  Calle Comercio.JPG

  大物のテーマの記事ばかり、連発したので、ちょっと小ネタを。

  カナレットの
「サン・ロッコ聖堂とサン・ロッコ同信会館を訪れるヴェネツィア ドーチェ (Corteo dogale alla chiesa di San Rocco)」1735年頃  ロンドン・ナショナル・ギャラリー」
https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/canaletto-venice-the-feast-day-of-saint-roch
を観ていたとき、行列の上に天幕が日よけ?に張ってあることにきがつきました。
これって、2016年にスペインのトレドを訪ねたときに、商店街の通りの上に延々と張ってあった天幕そっくりですね。右イメージはCalle  Comercioの上の紋章付き天幕。。

トレドでは、雨のときどうなるのかなあ、とか思いながら見上げていたものです。


posted by 山科玲児 at 18:24| Comment(0) | 2017年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: