2018年01月07日

大倉集古館展


九州国立博物館で、
http://www.kyuhaku.jp/

今年秋  10月2日〜12月9日まで、
大倉集古館の特別展 出張展  を予定しているようです。

大倉集古館
http://www.shukokan.org/
のサイトみると、、
>>大倉集古館は施設改修工事のため、2014年4月1日から2019年初までの予定で休館してしております。

ということで、貸し出しが容易になっているのでしょう。

九州国立博物館からの年賀状で知りました。まだ、公式サイトでは開示されていない最新情報です。
大倉集古館は、日本の私立博物館では、1,2を争うぐらい古いとこですから、結構面白いものが、あまり公開されないで眠っていることがあるんですよね。


例えば、今、東京国立博物館に寄託されてる。

紀元前の中国製
1mぐらいもある大きな漆器の容器
伝中国河南省輝県出土 戦国時代・前5〜前3世紀
なんてものがあります。これは大きい。。
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=4234

これは出展するかわかりませんが、1例です。

こういうことは、やはり古い歴史のある根津や白鶴、東京国立博物館にもいえることです。
正木美術館は、もっと変わってますけどね。

 昔、大倉集古館を訪ねたことはありますが、展示スペースが広くないので、全貌はわからない感じでした。 大阪の藤田美術館と同様に、他の大きな美術館での特別展のほうが、よくわかるという状態だと思いますので、こういう展覧会はとても貴重でしょう。




posted by 山科玲児 at 05:39| Comment(0) | 2018年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]