2018年01月15日

はじめてのルーブル  続2

はじめてのルーブル.jpg

中野京子  はじめてのルーブル   集英社、2013
http://bunko.shueisha.co.jp/recommend/satsuki_01.html
で、ひっかかったところを更に追加しておきます。

17章
レオナルド  ダヴィンチの話  巌窟の聖母の件::
17章>
最初に描いた作品は依頼者が受け取りを拒否したため、巡り巡ってルーブルに収まった。
  岩窟の聖母のトラブルは、関係文書そのものまたはその写しが残っているので、この記述が誤りであることが明らかです
* 修道会が受け取り拒否 **
したわけではありません。
  経費がかかりすぎてしまって赤字になってしまったのでレオナルド側は、追加支払いをするように要求し交渉したんですが、それがミラノ公爵イル・モーロへの訴えになり何十年もかかった訴訟になってしまいました。ミラノ公爵がやったのかレオナルドがやったのか知りませんが絵はフランス王のもとにわたってしまいました。これがルーブルのヴァージョンです。結局レオナルドはもう一枚絵を描いて納品することで決着しました。これがロンドンのヴァージョンです。こちらは弟子のブレディス兄弟が主に制作し、レオナルドは仕上げや指導などに関与しただけだと思われます。


12章
   ファンアイクの「ロランの聖母子」がオータンの教会にあって、一般信徒がこれを礼拝することを強制されたように書いてますけれど、勘違いじゃないかな。 60cmという大きさからいって、主祭壇の真ん中にあったわけではなく、もとはロラン家の邸宅にあり、のちにオータン大聖堂のロラン家の礼拝堂に飾ってあったのでしょう。礼拝堂というのは独立した建物ではなく、大聖堂の壁に作られた大きな壁がんニッチのような建築構造物 :扉のない小部屋のようなところで有力者一族の墓でもあり、そこで祈祷をするところでもある。一般信徒はむしろ入ることができないところです。これは、西欧の古い大きなカトリック教会を訪ねればいやというほどあります。
  まさか、中野先生がこういう教会に入ったことがないということはありえないでしょうから、勘違いじゃないかな。


posted by 山科玲児 at 06:08| Comment(2) | 2018年日記
この記事へのコメント
昨年の「怖い絵展」、恐ろしい行列だったので、行かなかったのですが、中野先生のことは気にはなっていて、こちらの記事を読んで、更に興味がわいたので、私も早速読んでみました。
イタリア贔屓の私には結構厳しい部分が多いですね。さすがドイツ専門…
Posted by fontana at 2018年01月18日 12:14
fontana 様

  筆がたった人が書いた面白い本ですが、相当  誤りが多い本なので、エンターテインメントとして軽ーく読むにはいいんじゃないかと思っています。お、ここは間違ってますね、、と意地悪く突っ込みながら読むわけです。 逆に、あわないな、エンターテインできないなという人の場合は、無理して読む意味は全くないでしょう。。

  また、ちょっと美術史の知識がふるいんじゃないかなあ進歩史観なんじゃないかなあ、と思うところも散見いたします。
Posted by 山科 at 2018年01月18日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]