2018年01月19日

消えたカラバッジオ の評価


カラヴァッジョを検索していたら、偶然ひっかかった話題::

ジョナサン・ハー 著  , 田中 靖 訳 、消えたカラヴァッジョ 2007/12/12  岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/book/b264570.html
というノンフィクション本があるそうだ。

1987年にダブリンのイエズス会で発見され、ダブリン国立ギャラリーにある絵画をテーマにしている。
https://www.nationalgallery.ie/taking-christ-michelangelo-merisi-da-caravaggio

これに関連して2011年に日本のTVプロダクションが関係者に取材した番組があり、NHK  BSで報道されたらしい。
その、
TV取材のプロダクションからの証言ですが、
http://www.tvu.co.jp/program/gokujo_caravaggio/

>[消えたカラヴァッジオ」の作者は、一度もアイルランドに来たこともなく、アイルランドにいた関係者にまったく取材をしないでこの本を(ほぼ想像で)書いていたのだ。

作者とTV関係者  どちらの証言が正しいのかはわからないが、なんかどっちも信頼できないかも、、

ただ、ジョナサン・ハーは、ダヴィンチコードの商業的大成功のあとを追いたい人じゃないか?という疑念がでてきた。

カラヴァッジョ  ファンの人たちには、この本は、どういう評価をされているのか知りたいところではある。



posted by 山科玲児 at 10:41| Comment(2) | 2018年日記
この記事へのコメント
ジョナサン・ハーの本が出版される前に、アイルランド・ナショナル・ギャラリーで入手したセルジョ・ベネデッティによる『CARAVAGGIO―The Master Revealed』(Sergio Benedetti ; The National Gallery of Ireland)(1993/11)を読んで、発見経緯を知っていました。
当時、横文字苦手の私が恥ずかしながらサイトに一部概略(誤訳あり/汗)を記しています(^^ゞ
http://pure.cool-rock.com/caravag/report8.htm

ハー本を読んだ時、イタリア側の調査に視点を当てた内容だと思えたのですが、う〜む、やはりダブリン側を取材していなかったのですねぇ(-_-;)。ハー本は米国でベストセラーになっていますが、カラヴァッジョのネームバリューと共に主人公が女子学生だったのも米国受けの要因だと思いました。私的にベネデッティに同情してしまいますね。
Posted by 花耀亭 at 2018年01月21日 00:33
花耀亭 様
 
 ホーチミンで暖かく過ごされていると思います。長崎もここ二,三日は暖かくて助かっております。

セルジョ・ベネデッティ(1993/11)著書からの情報、ありがとうございました。ダヴィンチコード以来、米国でのベストセラー美術関連本にはうさんくささをまず感じて近づかないのですが、やはり、、という感じです。
アイルランド国立美術館のサイトの紹介では1987年発見となっているのですが、1990年とずれているのは、きっと不確かな情報があったとか通報から調査まで何年もかかったとか(欧州や日本のように文化財が多いところでは往々にしてあることです)、、いろいろあるのかもしれません。こういう発見は、あまり劇的ではなく、当初は異論も多いでしょうしね。なんか12枚ぐらいコピーがあるそうですし。。

 ご紹介されている 
Biel House は、william Hamilton-Nisbetによって大拡張され大邸宅になっていたようですが、1953年ごろにそうとう破壊され小さなものになってしまったようです(URL)

 ダブリンのコレクションは昔、東京でみたとき、スルバランの見事な作品を記憶しています。また、ヒエロニムス=ボッス派の「キリストの冥府降下」の美しい作品をロッテルダムのボイマンスがダブリンから借り出していたとき、観たことがあります。
 ダブリンのような、一見貧しそうなところになんでこんな優れた作品があるのだろう、、と思ったものですが、階級制度のせいか、大英帝国の余韻なのか、、と思っております。




Posted by 山科 at 2018年01月21日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: