2018年02月09日

台湾地震 人命検知装置

  今回、日本から人命検知装置を携えた救援隊がいったようだ。
 なぜか、台湾にはなかったということで、急遽派遣ということらしい。

フォーカス台湾

  この人命検知装置は、がれきの下にいる人の生命反応を検知し、位置も推定できるものらしい。
製品にもよるのだろうが、10年前の製品なら、25mまで検知できるようだ。現在のものはもっと深くまで検知できるだろう。


この人命検知装置、は、新潟中越地震でも活躍した。なんでもドイツ製で、シリウスというものなんだそうだ。
ドイツ語中心の調査・翻訳・通訳のためのバーチャルネットワーク  サイト で日本語解説記事がありました。

ドイツ製の機械をもって、日本人が台湾で救命活動をする、、

** 募金もいいけど、台湾赤十字社は、あまりよい評判ないし、
  國立故宮博物院へ、またいく旅行考えて台湾に貢献したほうがいいかなあ、、と思っております。




posted by 山科玲児 at 10:45| Comment(0) | 2018年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]