2018年02月19日

同じ紙



太宰府の九州国立博物館:特別展『王羲之と日本の書』
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s50.html
で、
小野道風の、、
・三体白氏詩巻
・玉泉帖
の2本を比較してみることができました。
 どうも、この2つで 紙質紙色が同じようにみえるということです。
 影印では、なかなか白紙の質の比較なんかわからないですから、とても良い機会でした。
・三体白氏詩巻  って、玉泉帖より紙の丈が高いことが印象的でした。
posted by 山科玲児 at 09:34| Comment(0) | 2018年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]