2018年07月14日

ボストンの鈴木春信





福岡博物館で、
ボストン美術館浮世絵名品展「鈴木春信」2018年7月7日(土)〜8月26日(日)
http://harunobu.exhn.jp/
観てきました(左イメージがちらし)。千葉を振り出しに、名古屋、大阪、と巡回した展覧会なので、既にご覧になった方も多いと思いますが、色々考えせられるところが多い展覧会でした。

2002年に千葉で観た、
青春の浮世絵師 鈴木 春信 −江戸のカラリスト登場−
会期 2002年9月14日(土)〜10月20日(日)
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2002/0914/020914.html
は、全く驚くべきもので、国内国外から広くかり集めてきて世界最高水準の春信をみせてくれました(イメージはチラシと図録、図録の表紙は真っ黒なのでみばえしないので チラシを横におきました)。
当然、2回も千葉まで行き、重いカタログも買いました。
このカタログ、今、古書で1万円以上するようですね。びっくりです。
ただ、カラー図版はとはいえ、さすがに保存状態、刷りの微妙な差までは再現されておりませんでした。
まあ、それは、しょうがないよね。

今回の福岡での展覧会は、ボストンだけの収集なので、ある意味、個性があります。
前回の千葉と比べて、

・世界唯一、というような希少な絵柄のものが結構ある。 そういう意味では、研究家にとっては必須なのかもしれないなあ。

・保存状態・刷り・美しさ という点では、やや遜色がある版画が混じっている。色が濃すぎてやや後刷りかと思われるものもある。これは前回で、シカゴ美術館のバッキンガム・コレクションの信じられないような 座敷八景などを観たので、感性が贅沢になりすぎているのかもしれませんね。でも、どうしてもそう感じてしまうんですね。ミネアポリスやホノルルの春信も相当美しかったしね。
 また、2009年10月3日にパリのギメ美術館を訪ねたとき、鈴木春信の抜群に状態のよい浮世絵が12点展示されていたことは、憶えております。ギメには北斎富嶽三六景のとても早いきれいな刷りのものもあったはずですから、バッキンガム・コレクション並に良いものを持っているのかな。

・揃いで集めたわけではないようで、シリーズものがまとめて展示されているわけではない。

・最初のコーナーは、春信の先輩先駆の浮世絵が展示してあり、末尾には追従者や「歌麿によるオマージュ」作品が展示されてました。この歌麿はたいへん状態・刷り・色も良いものでした。

ボストンの春信をまとめて観る機会は、たぶんボストンに行ってもないでしょうから、お好きな方には推薦します。
 ただ、会場は冷房がキツいので上着もっていってください。

posted by 山科玲児 at 08:40| Comment(2) | 2018年日記
この記事へのコメント
千葉でやっている時にやはり行けば良かったと後悔しています。あ〜残念!
西洋のものメインで、東京か神奈川で開催の展覧会にしか注目していないので、気づいたら終わってたことがよく有ります。
Posted by fontana at 2018年07月14日 16:07
>fontanaさん
>千葉でやっている時にやはり行けば良かったと後悔しています。あ〜残念!

2002年の千葉のほうが良かった、とは思いますが春信だけの展覧は希なので、よい機会でした。
欧州では、パリのギメが一番よいものもってるようですね。米国ならシカゴです。

千葉美術館は、トップが浮世絵と江戸期日本絵画の専門家だったので、とくに浮世絵では、日本のセンターです。

Posted by 山科玲児 at 2018年07月15日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]