2018年08月10日

デュランテ  弦楽シンフォニア

Durante Sinfonia.JPG


フランチェスコ デユランテの作品は、昔とりあげたこともあったが、

  新しい動画もみつけたので、再度紹介することにした。

 デユランテのコンチェルト(シンフォニアとも称している)は、最初、昔なつかしコレギウム・アウレウムの演奏(LP ドイツHARMONIA MUNDI)で知ったが、よい曲と平凡な曲が混じっている感があった。なかでも第一番ホ短調はよく覚えているが、なぜか、長くCD化されなかった。
その後、やや軽快な演奏のコンチェルト・ケルンの演奏のCDを買って渇をいやしたものだ。

コンチェルト・ケルンの演奏 (これがCDのものなのかはどうかは不明)

 二〇世紀末にイタリアの団体のやけにエモーショナルな演奏のCD(イメージ)を買い、こういう表現はイタリアらしいな、と思って満足している。
イタリアの団体 Ensemble  Vox Aurea 、Giancarlo De Lorenzo指揮
Sinfonie Per Archi Vol.I,U 1997
というCDである
*
このCDの
 動画がYOUTUBEにあげられているようである。
Francesco Durante - Concerti

この動画の9分41秒からが第一番ホ短調である。
 著作権違反っぽいが、なにせ絶版で入手困難なCDなので、まずはこれで、、
 あたりまえだが、CDのほうが、もっとエモーショナルな音が響く。この動画化はちょっと手抜きっぽい。

 ハルモニアムンディもデジタル音楽配布で、コレギウム・アウレウムのものをだせばいいのにと思っている。
 この曲は、いかにも何か起こりそうな、期待と不安に満ちた曲想なので、好きな人も多いのではなかろうか?

去年   ラテン系の指揮者のEnsemble  Imaginareによる演奏CDも 発売されていたようで、ちょっと気になっている。



posted by 山科玲児 at 10:07| Comment(0) | 2018年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: