2018年10月11日

松岡正剛の間違い


2018年09月30日
愛書家
http://reijiyamashina.sblo.jp/archives/20180930-1.html
という項目で

松岡正剛の千夜千冊
第347夜アンドルー・ラング「書斎」 白水社 1982 [訳]生田耕作 2001年8月1日
https://1000ya.isis.ne.jp/0347.html
は、間違いが多いことを書いておいた。

ただ、一つだけ確認していないところがあった。
それは生田耕作氏が誤訳やってた可能性が十万百万が1だがゼロでは、なかったということだ。
今日、図書館から、白水社版の  生田耕作訳、書斎 単行本  – 1996/7  を借りてきて、確認したところ、
やはり生田耕作氏の翻訳は問題なかった。
結局、松岡正剛の千夜千冊 というのは、本をろくに読みもしないで書評を書くという、まことに大胆不敵な呆れたものであることがわかった。
 
posted by 山科玲児 at 14:55| Comment(0) | 2018年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]