2018年10月25日

オークラ コレクション展  巻子本古今集

巻子本古今十三.JPG

九州国立博物館では、この秋、

オークラ コレクション展  10月2日(火)〜 12月9日(日)
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s52.html

 ということで、大倉集古館から借りてきた特別展をやってます。。
  で、なんとか重い腰あげて太宰府に観に行ったのですが、思いの外よかったとおもいました。

で、特に観たかった、というか、、昔観たはずなんだが、忘れていた、、

古今集序
国宝 古今和歌集 序(巻子本)  藤原定実筆 平安時代・12世紀  東京・大倉集古館蔵

  意外に老筆、あるいは健康不安があったのだろうか? これみると、病気して出家したころの筆のような感じがする。あるいは病気中のときの筆か? 下絵拾遺集切にみる清楚 暢達の感じがあまりない。同筆とされる筋切は、より強靱な感じがします。 もちろん元永本も病気出家のあとですが、もう少し体力を感じます。コロタイプやカラー写真では、この感じはまったくわかりませんでした。

  奇妙なことだが、同じ巻子本でも、第13巻(イメージ 文化庁  当方撮影)のほうがより若い感じがします。





posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: