2019年02月24日

観賞できなかったクリヴェッリ

ascoliPiceno2 (1).JPG



  クリヴェッリの作品を求めて、アドリア海のほうの町、アスコリ・ピチェーノに滞在したときですが
  司教区美術館が閉じていたので、扉の前でみすみす退散したことがあります。
  司教区美術館はアスコリの大聖堂の隣にあるんですが、イメージの矢印があるところです。

  ここを訪ねた人の場合、たいてい閉館していて、無念を呑んで諦めた人が多いんですね、

  まれには、歓迎されて、観賞できた人もいたようです。
    2001年夏の旅(12)マチェラータ(アスコリ・ピチェーノ):てるてる坊主のオペラと美術の旅(2):So-netブログ

   その観ることができなかった絵画は下のイメージのような作品です。
crivelli diocene  ss.jpg


posted by 山科玲児 at 12:11| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
懐かしいです。私は2014年に見ることが出来ました。(ブログには記録していませんでした。)
確か写真よりずっと保存状態が悪かったように記憶しています。
現在は土日しか開いていないようですね。イタリアではよくあることですが、土日は公共交通手段が極端に少なくなるので、車のない旅行客には酷ですね。(ここはまだ駅から近いから良いですが…)
Posted by fontana at 2019年02月24日 14:57
>fontanaさん
>
コメントありがとうございます。

>懐かしいです。私は2014年に見ることが出来ました。(ブログには記録していませんでした。)
  ちょっと羨ましいです。ネットでみると、敗退した人が結構多いようですね。石井女史もアスコリで観たと書いてませんし、ひょっとしたら、そうなのかな。
>写真よりずっと保存状態が悪かったように記憶しています。
 アスコリのピナコテーカにある小型の作品も、ひどく破損してました。あれは、どうも合作っぽい作品でしたが、聖母はカルロかな。
ひょっとしたら、破損していたので売り飛ばされずにすんだのかもしれません。

Posted by 山科玲児 at 2019年02月24日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: