2019年03月14日

金箔の下の文字



  メトロポリタン美術館にある ヤン・ファンアイクの2面の板絵
    https://www.metmuseum.org/ja/art/collection/search/436282
  の枠には、もともと文字が書いてありましたが、その更にまわりの金箔で塗りつぶした部分にも文字があることがわかりました。どうも未だ解読されてはいないようですね。何書いてあったんだろう?? 文字があるってわかったのは、X線での検査によるものです。この2面の絵は1933年に購入したものです。
  私自身は、この絵はそれほど高評価しているわけではないのですが、極最近の発表でもあり、おしらせしておきます。Codartを読んでしりました。
posted by 山科玲児 at 09:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: