2019年03月28日

館長が替わったから

ウイーンの美術アカデミー大学美術館にある、ヒエロニムス・ボッスの「最後の審判」は、今は、ウイーン演劇博物館で仮展示しているようである。

この絵は、ずっと、外部の調査を拒んできたんだが、最近、突然、昨日あげたようにBRCPのグループが科学調査した論文がでた。

どうも、2017年8−9月に館長が替わって、方針が変わったらしい。
結構、こういうことでも、人事や個人的思想が影響するもんなんだな。
posted by 山科玲児 at 06:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]