2019年04月08日

浮生六記



中国の書店で、浮生六記の現代語訳が売れてるという話を聞いた。
張佳[王韋]という現代作家による 現代語訳らしい。でも、現代中国人は清代中期の文章は既に読めなくなっているんだなあ、、と思った。まあ、日本で言うと田沼時代だから平賀源内の文章を簡単に読めるかというと、やはり無理だから似たようなものか。
しかし、ずいぶんおとなしい優雅な作品をベストセラークラスにもちあげたものだ。

まさか、偽作といわれる末尾に付属する琉球紀行 をもちだして、沖縄県が中華人民共和国固有の領土と主張する宣伝工作じゃないだろうね。

posted by 山科玲児 at 07:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: