2019年04月18日

毎日新聞と中国共産党

毎日新聞が、中国共産党の大きな意見広告を、定期的に紙面に出して、稼いでいたことは、一時話題になったが、
そのもとになった、英国ガーディアン紙のレポートをあげておきます。

部数でいえば、ここで調査対象になった新聞のうち世界一多いんだな。
そのためか、中華人民共和国政府からの入金は、年五−十億円ぐらいじゃないか??と推定されております。
 米国の新聞なんか地方紙中心でNYTにしてもワシントンポストにしてもウオールストリートジャーナルにしても発行部数では産経ぐらいだから。読売・朝日の発行部数には到底及ばない。 これは日米戦争前後の戦時統制と関係があるのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 09:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: