2019年06月29日

岳飛への書簡

高宗賜岳飛IMG2 detail.jpg

またまた、 台北故宮博物院の常設展示 (2019年1月〜3月25日)もう終わった展覧の話で恐縮だが、

筆墨は語る─中国歴代法書選 
で、
南宋 高宗「賜岳飛批剳卷

が、展示されていたそうだ。これは、國立故宮博物院の所蔵ではなく寄託されている美術品である。これは蘭千山館 林柏寿氏(故人)の相続者なり後継法人なりの所蔵なんだろうと思う。國立故宮博物院には、もう一つ同様の命令書があるが、それは内容が違っているので別の命令書であり、そちらのほうが有名である。

この、あまり知られていない岳飛への命令書については、貧架にモノクロコロタイプ複製があるので、2000年に、

岳飛にあてた宋皇帝の勅書
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/Yufei/yufei.htm

で紹介しておいたので、ようやく一般に精密なカラーイメージが出回るか、と感慨深い。イメージはモノクロ複製からとった部分拡大である。

この巻子、まず冒頭の華麗な乾骼の装幀が眼をひく、そして、これは乾驛Rレクションではなく嘉慶帝のときに宮廷に入ったものなので、乾隆帝のあの大きな印の数々は、事実上押されていないようにみえる。冒頭近くにある「乾骭范濫V寶」印はかなりあやしい。あるい嘉慶帝のときも10年ほど乾隆帝はご健勝だったので、そのころの印なのかもしれない。嘉慶帝のとき宮廷に入ったものには、畢家の家財を没収したときのものが多いのだが、これは畢家とは関係ないようだ。

なんとなく末尾に紙のよじれや破損があるのではなかろうか? 妙に「付岳飛」と高宗皇帝の署名が傾いているのはなにか紙自体のゆがみのせいじゃないかと思う。

 項元ベンの 細楷の跋はとてもしっかりしたものだと思った。



posted by 山科玲児 at 10:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]