2019年07月07日

フッ化水素がなぜ安保案件なのか?



前防衛大臣:小野寺五典「日本は安全保障上の懸念から輸出制限したが禁輸ではない。今までウラン濃縮素材(フッ化水素)について韓国企業が“100欲しい”と言ったらは100渡してた。しかし工業製品に使うのは70位で残りを何に使うか韓国は返答しなかったので、必要な量を渡すために規制した」

韓国は、北朝鮮やイランに横流しして核開発の援助をしていたんですね。こりゃ安保案件だわ。

ウラン濃縮にはフッ化水素は必須です。半導体に使うほど高純度でなくても使えるから(マンハッタン計画で使ったフッ化水素はそれほど高純度ではなかったはず)賞味期限がきたものでも使えます。
サリン・VXガス製造の場合もそれほどの高純度はいらないでしょう。
本当に超高純度が必要なのは半導体製造の場合だけだと思います。

韓国はテロ支援国家指定され、韓国が経済制裁されてもおかしくないんですね。


posted by 山科玲児 at 06:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]