2019年07月24日

居貞草堂漢晋石影の原拓

居貞草堂 漢晋 新刊.jpg居貞草堂 漢晋.jpg




淑徳大学 書学文化センター蔵 中国石刻拓本目録(PDF)
https://www.shukutoku.ac.jp/shisetsu/takuhon/cat2228/m-26.html

の中に、

1154  周進蔵石拓本(『居貞草堂漢晋石影』原拓本) マ198508〜8600(92点)

がありました。

居貞草堂漢晋石影  てのは、北京の蒐集家 周進(1893-1937)が1929年(中華民国18年)に出版した、周進自体が収集していた原石そのものからとった拓本を影印紹介した本です。左イメージのような本です。この本、どうも、最近翻印リプリントされているようですね。イメージはリプリントのCMサイトからとりました。しかし、石そのものを収集するというのは、大邸宅がないとできない趣味ですねえ。
  昔、神田の古書店で原刊本を観たことがあったのですが、縮印が多いし、印刷の鮮明さもイマイチな割りには高価(1万円以上)だったので購入しませんでした。現在の大陸のオークションでも1,2万円みたいですね。

この本、実は上記目録の中にも入っています。

74 居貞草堂漢晋石影 民国18已巳年3月(1929)

  淑徳のコレクションで面白いのは、本のもとになった原拓のセットだということです。
そうはいっても、本の目次では 131点です(右イメージ)ので、92点だと39点ほど足りないようですが、なかなか興味深いもののようですね。ただ、本の目次に出ている碑のうち、淑徳の目録に独立項目として載っているものも数点ありますし、シリーズになっているものをどう数えるかという問題もありますから30点ぐらい不足??かもしれませんね??

 ただ、居貞草堂のようなコレクションには偽刻や翻刻、偽物がかなり混じっていることは、念頭におくべきでしょう。周進のコレクションは、遺族によって、中華人民共和国成立後、国家に入り、北京の国家博物館や北京故宮博物院に所蔵されているようです。


こういう図録のもとになった原本がある例では、
京都大学人文の
C儀閣所藏古器物文 十册 C張廷濟撰 手稾本
http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/db-machine/toho/html/B003menu.html

というものもあります。

posted by 山科玲児 at 06:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: