2019年09月15日

ウクライナ内戦とスキタイの黄金

Scythian gold ukraine ss.JPG

  戦争で古美術品が被害をうけたりとりあいになったりするのは、よく起こることだが、この前のウクライナ内戦、クリミア併合の余波が、アムステルダムでの美術展にも及んでいて、裁判になっており、まだ未解決のようである。

アムステルダムの裁判所にて、スキタイの金細工のウクライナへの返還を巡る控訴裁判の審議が開始された。

Ukraine files motion to recuse judge in Scythian gold case
https://112.international/ukraine-top-news/ukraine-files-motion-to-recuse-judge-in-scythian-gold-case-43550.html

 内戦(2014年2月)の前、ドイツのボン、次にアムステルダムで"Crimea - the golden island in the Black Sea"(クリミア 黒海の黄金島)という展覧会が開かれていて、2014年2月7日に閉幕した。
動画があるが、わりと地味です。1992年の三越のほうが凄かったな。

ここに出品していたクリミアの博物館からの出品物について、ウクライナが請求し、アムステルダムの地方裁判所では、2016年12月14日、ウクライナに返すという判決がでた。クリミア側は当然上告し、まだ争っているようだ。

 このときの展示会では, 大きな剣と黄金の鞘などの19件はキエフのウクライナの博物館からのものなんで、とっくに返却しているのだが、残りの 565件はクリミアの4博物館からのものなので、ウクライナが横槍をいれたらしい。クリミアには返さずウクライナに返せと要求し、訴訟になったようだ。
 クリミアの博物館からの作品は、どうも、小さな装飾品などが多く、見事な黄金製品を多数所蔵するウクライナの博物館が執着するほどのものでもないのに、なんて強欲・貪欲なのだろう。カタログ表紙の目玉の黄金鞘もキエフのもので、とっくに返却してるしねえ。

 イメージは1992年東京三越で開催されたウクライナ キエフの博物館によるスキタイ黄金美術展のカタログ表紙。これでみても所蔵品は立派です。 英文サイトにある豪華な黄金製品はクリミアの博物館にあるものではなく、どうも例として、エルミタージュのものを出してきただけのようだ。この辺、ちょっと印象操作っぽいです。

  しっかし、こういうことがあるから、台北 國立故宮博物院が貸し出しに慎重になるのは無理もないことだと思う。 外国に貸したら、中共から差し押さえ訴訟されたらかなわないもんな。

posted by 山科玲児 at 07:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: