2019年09月19日

香港の混沌


米保守派 トランプ氏の対中強硬姿勢評価 | オピニオンの「ビューポイント」

> 黎氏自宅の外で訪問者らの写真を撮っていた。誰が実行したのかは分からないが、われわれが出た3時間後に火炎瓶が投げ込まれた」

これは、ワシントンタイムズの特約記事 翻訳なので、原文を全部あたったわけではないのですが、前半は一致していたようです・

この黎智英 Jimmy Lai 氏は、蘋果日報(アップルデイリー)の社長です。

なんか、すごいね。中共あるいはその一部派閥から派遣された工作員が香港で、民主化支持のメディア人自宅に火炎瓶を投げ込むとは、、

なんか、日中戦争中の上海租界みたいになってないか?


posted by 山科玲児 at 08:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: